要らなくなった自転車を処分するには?

廃車

不要になった自転車を処分する際に、まず検討して欲しいのが「中古自転車買取」です。
特にロードバイクでは、「サイクリー」が全国的に有名で、完成車からパーツに至るまで全国規模のネットワークで、会員になれば中古ロードバイクに関連する物なら、なんでも買い取ってくれます。

今は、リサイクル自転車に対するニーズも増え、技術のある人は資格なしでお店を開けるので、最近では個人から中古自転車を買い取る業者もスーパーの近くにできたりしていますね。
一応、一般財団法人 日本車両検査協会の方で自転車技士の資格は取れますが、国家資格ではないので。

スポンサーリンク

捨てればゴミ、活かせば資源

ゴミとして捨てるのなら、粗大ゴミが一般的ですがホイールとフレームハンドルなどを分解してしまえば、自治体によっては燃えないゴミの「金属」のカテゴリで回収してもらえます。
ロードバイクの場合は、使えないとしたらホイールとチェーンと、安価なディレイラーだと思いますので、そのまま捨ててしまうよりは、分解してフレームを売った方が良いと思います。
ただし、フレームの溶接面にヒビがあるようなら、もう使用できないので粗大ゴミ行きになりますね。

3万円以内の自転車の場合は、よほどパーツの知識がない限りは再生することは、一般的に難しいですね。
むしろ、ママチャリと呼ばれる一般自転車や、通勤用自転車は、粗大ゴミでもリサイクルに回される場合もあります。
放置自転車で、持ち主が取りに来ないん場合と違って、「持ち主の承諾を得ている」ことになるので、リサイクルしやすいというわけです。

地元で直接持ち主と合って、商品を譲り合う「ジモティー」という掲示板サイトがありますが、無料で投稿して、いらない自転車などを地元の必要な人へ手渡すサービスなどがありますから、ただ捨てるのではなく、大いに活用してもらいたいものです。

自転車を処分した後、中古を購入する方も増えていて、最近は程度のよい中古自転車もたくさん出てきています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です