自転車保険についてよく考えよう。

自転車保険といっても、実は多くの人が思い描いているのはひとつの誤解があります。
まず自動車などの「原動機及び、動力付き」車両は、日本の法律では「自動車賠償責任保険」未加入では、公道はおろか私道でも走行は許されません。
では何故、多くの人はこの国が定める強制保険の他に、「自動車保険」に加入するのでしょうか?
実は「死亡事故」のほとんどは、どのパターンでも保険会社は「過失相殺」を行うため、対歩行者以外は保険金を満額渡すようなことは絶対にありません。
従って、どちらかといえば1年で掛けた保険は一度ゼロに戻されますから、再契約で保険会社は利益を得ています。
この考えは、損保保険の考え方です。
事故に遭う確率の高い順に、保険料を高額にする仕組みがあるからですね。

自転車保険では、この考え方は従来では当てはまりませんでした。
それは、「自転車は被害に遭う可能性が高い軽車両」という考え方があったからです。
基本的に、自転車保険といった場合は、要するに「傷害保険」であることを覚えておいてください。
傷害保険は、保険加入者本人が保険金を受け取れるものです。
従って、保険料をたくさんかければ保険金は多額になりそうですが、実際は数百万程度で、死亡事故などは、ほぼ対象となる相手の自動車保険が使われます。
それでいて、保険料は高いのが特徴。
従って、この保険は単独で入るべきではなく、家族の加入している自動車保険の特約にある「家族補償」でカバーできるので、自動車保険更新と同時に検討することをオススメします。
火災保険などは、1年更新というより、まとめて加入してる場合が多く、盗難などは一応家財保険でカバーできますが、基準がはっきりしないため、自転車だけ補償させるのは難しいでしょう。

スポンサーリンク

それ以外に加入すべきものは?

それが、「賠償保険」です。

自転車保険で損害賠償といった場合は、自分が自転車で事故を起こして、相手に支払う保険金のことを言います。

事故事例としては10代の子供が自転車で走行中に歩行者の女性(60代)に接触し被害者は意識が戻らない状況が続いています。
そして被害者家族が加害者の母親を相手に損害賠償請求を行い、およそ9000万円の支払い命令が出ました。
このような事故が起きた時に今一番必要とされている保険ですね。

これは、単独で加入したいところなんですが、現在は傷害保険の特約でやってるところがほとんど。
ところがこの保険は、自転車だけを対象にしているのではなく、「個人が他人の財産や人体に損害を与えた場合」という条件ですから、実は使い勝手が良い保険なんですね。
これは、月々数百円~千円程度の保険料アップで、実は自動車保険の特約の中にあることが多いのです。
つまり、自動車を保有しているといった条件はありますが、「自転車保険」は、実は自動車保険の特約でほとんどカバーできるということがわかりますよね。
もちろん、傷害保障と個人賠償責任を一つにした、「自転車保険」もありますが、中身はこのような仕組みであることに変わりはありません。
これは、「個人賠償保険」や「自転車保険」という保険名で下記ような保険会社が取り扱っています。


無料で複数の保険会社から一括で見積もりが取れるタイプなどを活用して、いざと言う時に備えておく事が大事です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です