初めて(久しぶり)の自転車選び

画像

まず、どんな乗り方をしたいのか?と言う所から考えて見ましょう。

ダイエットしたい、ファッションとして、自転車通勤したい、本格的なレースに出たい、などなど

例えば、一般車両、つまりママチャリのようなもので日本一周をしたらどうなるでしょうか?
実はこれを実際にチャレンジしている人がいます。
結果としては、1日に走行できる距離は100キロ未満で、継続的に走れる時間はせいぜい2時間が限度なんだとか。
その調子だと、1年では少々厳しい計画になるかもしれません。

しかし、これがロードバイクとなると、時速20キロ平均を出せる体力で、距離にして100キロは5時間以内で走破できる計算です。
つまり単純計算で日帰り200キロは余裕ということで、東京~熱海間は日帰りコースとして設定できることになります。
ロードバイクを単純に速く走れる自転車と思っている人が多いのですが、天候さえ安定していれば、本来は舗装路を長距離乗るための乗り物です。
自動車で言えば、「ツーリスト」ですね。

それをより高速にしたものが、競技車両の自転車で、カーボンフレーム、細い700cのチューブラータイヤやディスクホイールなど、特別な装備をしたロードバイクとなります。
つまりこちらは、自動車で言えば「トラック競技用チューニングマシン」です。
街で乗るには、オーバースペックと言えますね。
本格的な競技に出たいのなら、ほとんどがチーム競技ですので、「信頼できるショップ」と「パーツ知識」と、「健康&トレーニング管理」が重要になります。
チェーンひとつとっても、なんとオイル選びでさえタイムに響くと言われていますし、ライドポジショニングなどの研究やサドルの相性など、考慮すべき項目は数百あると言われています。

通勤で使いたいという人なら、ママチャリのような一般車両や、クロスバイクよりも10万円台の安価なロードはちょうど良いかもしれません。
30万以上もの車両を通勤で使用すると、パーツが仕事中に盗まれる危険もあります。
クロスバイクとは、安いロードバイクのパーツのグレードをさらに引き下げ、ハンドルをストレートバーにしたものです。
バーエンドをつければ、多少持つ場所が増やせますが、バータイプハンドルのため、長距離通勤には向きません。

「ダイエットに自転車は向いていますか?」こういった質問は、ロードバイクに乗っているとよく聞かれます。
答えとしては、「街へ出てクロスバイクを乗ってる人や、ママチャリに乗ってる人をよく観察してください」と言いますね。
メタボリックな人や、どう考えてもフラフラな高齢者が平気で自転車に乗っています。
現状として、減量して基礎体力をつけることで、軽量なロードバイクの性能は引き出せますし、山岳道をゆくシクロクロスなどを楽しむことができるでしょう。

マウンテンバイクというと、荒野を走るイメージがありますが、実際にはオフロード競技車両をグレードダウンしたものが、一般的に販売されるタイプになります。
より本格的に、競技に出たい人なら、まず完成車両では30万以上でないと耐久性がありません。
ですから、ホームセンターや街の自転車屋さんで市販されているのは、あくまでも街乗り用のものになります。

オフロード競技とは、わざと荒れた路面を作って勾配や急カーブを走破するタイムトライアルなどの競技のことです。
もし、山道の無舗装道路をガンガン走りたいというのなら、ロードバイクフレームの強度を増したものに、マウンテンバイクに近いリム径とタイヤを装着した「シクロクロス」がオススメです。

日本では、競技人口が少ないのですが、トライアスロンのさらに過酷にした競技や、フィールド系トライアスロンでは必ず使われる、軽量、且つスピードが出る車両になります。
軽量なので、倒木などは車両を担いで乗り越えたりできるんですね。
車両は、場合によってはロードバイクよりも高く、個人的に安くあげるため、パーツから組立てまで全て行ったことがありますが、それでも25万を下回ることはありませんでした。
最もフレームとホイールの素材で価格が変わるのは、ロードもシクロも同じですが。
舗装路を巡航して、舗装のままならない林道をゆくなどシクロクロスはうってつけです。

スポンサーリンク

自転車の種類

クロスバイクとは

通常言われる、ロードバイクを街乗りにしたものと言われますが、実際は「若干見た目が良くなったママチャリ」です。
まずその理由が、フレーム強度です。
溶接が足りていない物もありますし、ディレイラー、ブレーキに至るまで全て「ママチャリ」同等のものが装着してあります。
ブランド名がプリントされていても、基本は全く一般自転車同等です。
名前が似ているシクロクロスは全く別物です。
ハンドルが横一本のバータイプですので、持ち手に変化がつけられず、50キロ以上は手が真っ赤になると思います。
バーエンドをつければ多少違いますが、腕を広げるポジションになるだけで、辛いことが多いですね

マウンテンバイクとは

一般自転車でない「マウンテンバイク」の大きな特徴は、リア(後輪)の支持部であるエンドが、車両の下部やや前方へ開いていることです。
これが更に、競技用ともなると後方へ完全に開いた形状になる場合もあります。
MTBフレームで画像検索すると、たくさんのフレームが出てきますが、ロードと違い菱形をしているのがわかると思います。
マッスルなタイプでは、後輪の変速装置を無くしたシングルギアのモデルもあります。
フロントフォークのショックアブソーバーが特徴的ですが、グレードが良いものはフレーム程の価格がついてますね。
ブレーキはVブレーキが標準装備ですが、泥がブレーキシューに付着するのを嫌い、ディスクブレーキに換装するのが主流です。
本格的なタイプは、正に道なき道を走破できます。
ハンドルも単純なバータイプであっても、強度はかなりあります。
難点は、舗装では路面抵抗が大きくあまり向かないことですね。

ロードバイクとは

良くも悪くも、現在の自転車ブームを作った立役者的な、自転車のスターですね。

パーツのグレードや種類も多く、数多くのビルダーが国内外に存在し、パーツは同じでフレームで区別するメーカーが多いです。

国際的には、イタリアブランドか、日本のシマノがスタンダードな標準装備になっています。

市販車で輸入車以外にカンパニョーロがついていることはまずないですね。

乾いた舗装路以外は走行できないのが、唯一のデメリットです。

選ぶなら10万円以上であれば、ある程度カスタマイズ性はありますので、グレードを上げることが可能でしょう。

走行距離では、200キロ以上1,000キロくらいまでなら、20万クラスでも耐久性はあるんではないでしょうか。

ピストバイクとは

元は競輪用自転車で、オリンピック正式競技となってから、海外では話題になったようです。

ピストの基本は、ノーブレーキのトラック競技用自転車です。

構造はロードバイクに似ていますが、根本的に変速機が全て無いシングルギアで、現在は使用禁止になっている、ボスフリーなしの軸に直付ギアが特徴です。

従って、走行中はホイールとペダルが直結している状態ですので、ずっと漕ぎ続けなければなりません。

競技では、慣性のまま走行して自然に停止させますが、違法なブレーキなしタイプを街乗りしている人は、ペダルを逆方向へ回して無理やり止めることをします。

現在では、条例で多くは禁止され、加えてブレーキなしは違法ですので、ピストはメッセンジャーを商売にしている人以外は街では見かけなくなりました。

現在では、ボスフリーシングルギアでペダルを休めることが可能になっていることと、ブレーキがついているモデルが市販されています。

ドロップハンドルは、ステムと一体型で、バーテープは巻かないのが普通です。

フレームは、アルミかクロモリの細いタイプを使い、無駄なものを排除した極めてシンプルな形をしています。

様々な側面から見ても、要はファッションとしての存在のようですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です