自転車運転者講習制度

10335

平成27年6月1日から道路交通法の改正により、自転車の危険行為に対する罰則が厳しくなりました。

自転車は車両であるため、運転する際は、ハンドルやブレーキ等を確実に操作し、安全な速度と方法で運転しなければいけないという安全運転義務が課されています。
3年以内に2回以上、「14の危険行為」を行って検挙されるか、事故を起こした場合「悪質自転車運転者」とされ、公安委員会による自転車運転者講習を受けることが命じられます。

自転車運転者講習制度の対象年齢は14歳以上(中学2年生から)です。中高生が通学の行き帰りに摘発されるということもあり得るので、高校によっては停学などの処置をとる学校もあるかもしれません。

なぜ14歳からと言うと、14歳未満は刑事未成年といって刑事責任を問えない年齢のためです。

自転車講習の手数料は5700円で講習時間は3時間です。受講命令に従わない場合、違反行為とは別に5万円以下の罰金が科されます。

講習は、違反行為の危険性やリスク、ルールなどについての内容で小テストや感想文も課されます。

スポンサーリンク

14の危険行為とは

安全運転義務違反

(傘さし運転、スマホ・携帯電話を操作しながらの運転、自転車運転中のイヤホン・ヘッドホン使用)


信号無視

(赤信号時の突破、安全に止まれる距離での黄色信号時の交差点進入した場合)


酒酔い運転

(アルコールの影響により、正常な運転ができない状態での運転した場合)


通行区分違反

(車道と歩道の区別のある道路で、車道を走らなかったり、自転車専用道と歩道の区別のある道路で、自転車専用道を走らなかった場合)


通行禁止違反

(道路標識などで自転車が通行禁止になっている所を通行したした場合)


踏切遮断時の進入

(閉じている遮断機を越えて踏切内に進入した場合)


指定場所一時不停止など

(止まれの標識や踏切などの一時停止義務のある場所での一時不停止)


歩道通行時の通行方法違反

(自転車通行可の歩道通行時等、歩行者を妨害する運転)


ブレーキ不良の自転車運転

(ブレーキのない競技用自転車やブレーキが故障している自転車での運転)


歩行者用道路における車両の義務違反

(自転車が通行することの可能な歩行者用道路を徐行せず走行した場合)


路側帯通行時の歩行者の通行妨害

(歩道のない道路の端を通行する歩行者の通行を妨害した場合)


交差点での安全進行義務の違反

(交差点進入、通行時の安全走行を怠った場合)


交差点での優先車妨害

(交通整理の行なわれていない交差点においての優先車の走行妨害)


環状交差点での安全進行義務違反

(環状交差点の優先車進路妨害や必要以上の速度で進入した場合)

上記の中でも特に注意しておきたいのが最初に上げました「安全運転義務違反」です。

片手スマホやイヤホン、片手傘さし以外にも、大きな荷物を持つなど不安定な状態での運転や、夜間の無灯火走行、2台以上での併走、二人乗り(子供用のイスが付いていればOK)も摘発の対象になるようです。

これらすべて自転車運転者講習の対象になりますのでしっかりと覚えて、安全運転を心がけたいものですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です