自転車を安全に楽しく乗るためのセーフティーライド

セーフティーライドとは、単純に「安全運転」のことだけではありません。
それは、まずはじめに交通マナーを考えるべきでしょう。
自転車ではなく、これは自動車の例ですが、前方の車が道を譲ってくれたので、クラクションを数回鳴らしてお礼の合図を送ったところ、交差点を過ぎた次の信号で追いかけてきて、運転席の窓ガラスを割られて、殴りつけられたという事例があります。
これについては、インターネットで話題になり、以下のようなコメントが送られています。

・「クラクションやパッシングを合図にするのは、やはり失礼。昼間なら手を振る方が良い。」
・「殴る方も悪いけど、わかりにくいお礼は逆に意味が伝わりにくいと思う」
・「これはやりすぎ。どちらもね」

交通マナーを考える時に、自転車も非常に関係が深いのは、自転車は車両と歩行者の中間のような存在だからですね。
例えば、同じ軽車両でもリアカーなどは、車道走行が義務で基本的にどのような場合でも、歩道をずっと押して走行すれば、警察官に呼び止められます。
しかし、自転車は歩道を自動車と逆走する形で、普通に乗っている分では、警察官から注意されることはありません。
日本の道交法では、自転車は軽車両でも「生活に必要な道具」として、歩行者の補助用具としての認識が強いからかもしれません。

つまり、自転車におけるセーフティーライドとは、軽車両に乗っている自意識が重要なのです。
その自意識とは、歩行者を保護する立場は自動車と全く同じだということ。
また歩行者も、相手が自動車なら車道の真ん中を堂々と通行して、交通の妨げになるような行為も、迷惑防止条例上ではやはり注意すべき対象となるでしょう。
交通安全とは、歩行者も危険回避に努め、自転車を含めた車両全般が注意を怠らず、交通ルールを順守することで成り立ちます。

これは、自動車免許をお持ちなら、更新時の講習で誰もが習うことなのですが、毎度居眠り常習のドライバーでは、その点にいつまでも気がつかない人も多いですね。
セーフライドルールとは、まず「他人に迷惑を及ばさないように努めること」が前提です。

スポンサーリンク

セーフライドアイテム

次に、セーフライドアイテムを考えてみると、思い浮かぶのは「反射材」と「ヘルメットです」

見た目の問題を気にしなければ、反射材を数多く装着する自転車ほど、夜間走行は安全になります。
最近では一般自転車にも、反射塗料をタイヤに施したものが販売されています。
特に、ロードバイクは見た目の関係で省略した車両が多く、夜間では点滅した赤いLEDの光だけでは、歩行者なのか自転車なのか見分けがつきにくく、非常に危険なライダーが多いです。
反射材は、できれば車両側面にも必要で、義務化はされていませんが、自転車後部には何らかの反射材を装着するように勧められています。

ヘルメットに関しては、今でも賛否両論があります。
というのも、自転車用ヘルメットは、実際には頭部を守るには強度的に足りない構造だからですね。
顎やほおは丸出しの状態ですし、頭頂部も時速20キロで転倒して縁石に強打した場合は、ヘルメットが割れて頭部が露出する恐れがあります。
オートバイのヘルメットはフルフェイスタイプなど、安全基準が厳格に決められ、認可がなければ販売できませんが、自転車用はその評価基準が緩やかで、完全に安全性があるとはどうしても言えず、ファッション性を重視する傾向が強いです。

そう考えると、ヘルメット無用論が良いかという話になりますが、それは少し早急で、例えば対自動車との衝突でフロントガラスへ頭部を強打するなどの場合では、ショックを和らげ重篤な頭蓋骨折を免れられるかもしれません。
結局のところ、ファッションで選んでも、多少の頭部の保護は出来ると考えていいでしょう。

加えて、スポーツタイプの自転車では、プロテクター、適切なウェア装着が必須です。

その中でも、グローブは軽視されがちですが、長距離を走る意味では、どうしてもハンドルに重心が移動するため、手が痛くなり、ライディングポジションを変更するケースが多いです。
しかしグローブがないと、時折片手運転となる場合も有り、走行中石につまづいて転倒というのは、リム幅が狭いロードバイクではありえることです。
的確なグリップ力を得られるということは、安全な走行にもつながります。

楽しく乗るということは、決して競技車両のように常にスピードを重視する姿勢ではありません。
歩行者や他の車両を無視した走行は、必ず危険が伴うということを肝に命じるべきです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です