自転車ツーリングスポット【九州版】

九州で初心者向けのツーリングコースをご紹介しましょう。

少々ジョギングや散歩中の人が多いので、ちょっと注意が必要ですが、福岡県飯塚市~直方市間の「飯塚・直方自転車道」通称【遠賀川河川敷サイクリング道路】は、全長が14キロと軽いサイクリング程度の距離ですが、初心者でも本当に初歩的な人には向いています。
同じく福岡県遠賀町にある、波津~宗像市間の「ひびき灘サイクリングロード」およそ倍にあたる34キロとロードバイクのトレーニングには最適かもしれませんね。
県道69号線沿いにあり、歩道も広くとってあるので、自転車が走行するには安心です。

スポンサーリンク

やはり人気は南方面

他は、下郷宿場、平田宿場など風情ある通りを満喫する大分県中津市~山国町間の「耶馬溪自転車道」。
JRの廃線跡地をそもまま利用したサイクリングコースで、秋は紅葉が綺麗なんだそうです。
家族での利用も多いんだそうですね。

ロードバイク向けとしては、熊本県水俣市の湯の児温泉~湯の鶴温泉を結ぶ「チェリーライン」と呼ばれる桜並木の街道も、日本の名所100選にも選ばれ、全長27キロで手頃な距離感ですね。

他は、オートバイツーリングにも選ばれる、宮崎から鹿児島の都井岬までを結ぶ国道10号線で、南国っぽい道端の雰囲気で海岸線を走るので、なかなか人気があります。
温泉で有名な湯布院では、福岡県と大分県の境、杷木町と日田市を結ぶ湯布院~日田~久留米などの国道210号線で、ここは初心者から脱皮するなら標高707mの水分峠などがヒルクライムトレーニングでは良いかもしれません。

他にロードバイクでは、とても詳細な情報が集まる「のんびりとツーリング!」というサイトが非常に便利です。
トイレ情報、サイクリングスポットなど、地元でしかわからない情報が満載です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です