自転車選び「自分にぴったりの1台を慎重に!!」

「スポーツバイクは気になるけど、最初の1台、何をどう選べばよいか分からない」

そんなスポーツバイクビギナーの方必見!!
せっかく買うのだから後悔しないように、
自分にぴったりの1台はどんなバイクなのか、
各種比較して、よく考えてください。

スポンサーリンク

スポーツバイクの種類

それでは、スポーツバイクの種類について解説しましょう。
なかなか一般の人には、自転車の種類といっても、特殊なハンドルをした自転車という意識しか無いのが本音ですよね。

・一般自転車
街の普通の自転車屋さんや、ホームセンターなどで販売される電動も含めたすべての自転車がこれに当たります。
後述するマウンテンバイクやクロスバイク、果てはロードに至るまで、実はパワートレインのパーツである、ディレイラー、ブレーキのグレード、フレームの溶接具合では、ほとんどこのカテゴリに入ってしまいます。
仮にマウンテンバイクとして販売されていても、悪路走行はできませんし、ロードバイクで市販されていても、実際には50キロの距離は、体に故障をきたすでしょう。

・クロスバイク
通常言われる、ロードバイクを街乗りにしたものと言われますが、実際は「若干見た目が良くなったママチャリ」です。
まずその理由が、フレーム強度です。
溶接が足りていない物もありますし、ディレイラー、ブレーキに至るまで全て「ママチャリ」同等のものが装着してあります。
ブランド名がプリントされていても、基本は全く一般自転車同等です。
名前が似ているシクロクロスは全く別物です。
ハンドルが横一本のバータイプですので、持ち手に変化がつけられず、50キロ以上は手が真っ赤になると思います。
バーエンドをつければ多少違いますが、腕を広げるポジションになるだけで、辛いことが多いですね

・マウンテンバイク
一般自転車でない「マウンテンバイク」の大きな特徴は、リア(後輪)の支持部であるエンドが、車両の下部やや前方へ開いていることです。
これが更に、競技用ともなると後方へ完全に開いた形状になる場合もあります。
MTBフレームで画像検索すると、たくさんのフレームが出てきますが、ロードと違い菱形をしているのがわかると思います。
マッスルなタイプでは、後輪の変速装置を無くしたシングルギアのモデルもあります。
フロントフォークのショックアブソーバーが特徴的ですが、グレードが良いものはフレーム程の価格がついてますね。
ブレーキはVブレーキが標準装備ですが、泥がブレーキシューに付着するのを嫌い、ディスクブレーキに換装するのが主流です。
本格的なタイプは、正に道なき道を走破できます。
ハンドルも単純なバータイプであっても、強度はかなりあります。
難点は、舗装では路面抵抗が大きくあまり向かないことですね。

・ロードバイク
良くも悪くも、現在の自転車ブームを作った立役者的な、自転車のスターですね。
パーツのグレードや種類も多く、数多くのビルダーが国内外に存在し、パーツは同じでフレームで区別するメーカーが多いです。
国際的には、イタリアブランドか、日本のシマノがスタンダードな標準装備になっています。
市販車で輸入車以外にカンパニョーロがついていることはまずないですね。
乾いた舗装路以外は走行できないのが、唯一のデメリットです。
選ぶなら10万円以上であれば、ある程度カスタマイズ性はありますので、グレードを上げることが可能でしょう。
走行距離では、200キロ以上1,000キロくらいまでなら、20万クラスでも耐久性はあるんではないでしょうか。

・ピストバイク
元は競輪用自転車で、オリンピック正式競技となってから、海外では話題になったようです。
ピストの基本は、ノーブレーキのトラック競技用自転車です。
構造はロードバイクに似ていますが、根本的に変速機が全て無いシングルギアで、現在は使用禁止になっている、ボスフリーなしの軸に直付ギアが特徴です。
従って、走行中はホイールとペダルが直結している状態ですので、ずっと漕ぎ続けなければなりません。
競技では、慣性のまま走行して自然に停止させますが、違法なブレーキなしタイプを街乗りしている人は、ペダルを逆方向へ回して無理やり止めることをします。
現在では、条例で多くは禁止され、加えてブレーキなしは違法ですので、ピストはメッセンジャーを商売にしている人以外は街では見かけなくなりました。
現在では、ボスフリーシングルギアでペダルを休めることが可能になっていることと、ブレーキがついているモデルが市販されています。
ドロップハンドルは、ステムと一体型で、バーテープは巻かないのが普通です。
フレームは、アルミかクロモリの細いタイプを使い、無駄なものを排除した極めてシンプルな形をしています。
様々な側面から見ても、要はファッションとしての存在のようですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です